*時間は全てイギリス時間(GMT)で表示されます。

The Seratio Platform ICO is now Officially Closed.

For further information please contact [email protected]

ICOの開始時を知るためにサインアップする

SeratioプラットフォームICO

CCEGとは

市民権センターエンタープライズとガバナンス (CCEG) は、価値の移動に関する世界をリードするシンクタンクです。欧州、アジア、アメリカの学術ネットワークを持つ英国に設立された私たちは、価値に基づく循環経済のビジョンを策定しました。 2011年以来、CCEGは世界的な法律を支え、国際的に認められた基準となる財務指標と非財務指標を提供してきました。


英国の組織に対して,これは弾力のあるEtheriumトークン最初発行, 資金調達は、価値あるクリプトクロスのビジョンを実現する基盤とインフラストラクチャを実現します。すでにコミッションされている女性用コイン、シティコイン、フェイスコイン、エコドコイン・リーダーシップ・コイン、その他の国連持続可能な開発目標を含む、予定されている連結コインは市場導入を拡大するでしょう。


セラートトークンのユニークな特徴は、人、製品、プロセス、プロジェクト、および組織に関わる取引の金融資産、マイクロシェアおよび出資を獲得できることです。


ロンドン - ニューヨーク - 上海 - 成都 - コーチン - ツーク


パフォーマンス

ホワイト・ペーパー

これまでの成果

 

  • 2011年

    オリンガ・タイード(Olinga Taeed)博士によりSocial Earning Ratio(S/E)が発明される

  • 2012年

    ノースハンプトン大学にて、また国際的にwiki-universityとの協力を通して、S/Eが開発および検証される

  • 2013年

    非営利法人「市民権エンタープライズとガバナンス(CCEG)」設立

  • 2014年

    バチカンでのスピーチで、S/Eは「世界で最も急速にアドプションされている社会影響メトリック基準である」と称賛され、国際的に認識されるようになる

  • 2015年

    Seratio Ltdが国際的に法を支持する非金銭的価値を測定するためのSaaSメトリック基準を提供開始

  • 2016年

    CCEGはTotal Value Blockchain 3.0 & Proof-of-(…) Metricsをブロックすることを発表し、合計5件のホワイト・ペーパーを発行

  • 2016年

    「価値のインターネット(IoV)ブロックチェーン・アライアンス・オブ・グッド(BISGIT)」が設立され、ケンブリッジ大学のCCEGカンファレンスで始動

  • 2017年1月

    概念実証プラットフォーム起動

  • 2017年2月

    CCEGブロックチェーン国連研究所設立

  • 2017年3月

    セラートPaaSアーキテクチャ開発開始

  • 10月2017

    募金活動終了

  • 1月2018

    Seratio-WalletsにSeratioトークン発行

  • 4月2018

    マイクロシェアーズの問題

  • 2018年7月

    Seratio Ethereumプラットフォームの立ち上げ

  • 2018年9月

    Seratio SDG Alt-tokens(女性用コイン、教育用コイン、シティコイン)

  • 1月2019

    Seratio SDG Alt-tokens(信用コイン、リーダーシップコイン、ウォーターコイン)

  • 3月2019日

    Seratio SDG Alt-tokens(ファッショントークン、レザートークン、Carers Coin)

  • 7月2019

    新しいSeratio 2トークンプラットフォームの発売(Microshareブロックチェーン内蔵)

パートナーおよびアドバイザー

Chandler Guo

シャンドラー・グオ(Chandler Guo)

Bit Angel ICOアドバイザー
Eric Gu

エリック・グー(Eric Gu)

ViewFin ICOアドバイザー

チーム

Prof Olinga Ta’eed

会長

Prof Olinga Ta’eed
Barbara Mellish

最高経営責任者

Barbara Mellish

ICO PRESENTATION DECK

Powered by emaze

主な情報

利用規約

資金調達およびトークンの配分はイングランドおよびウェールズの法に準拠し、イングランドおよびウェールズの排他的な裁判所管轄区域の支配下にあります。また、一切の貢献は以下の利用規約全文の承認と受諾を必要とします。

利用規約全文を読む

よくある質問

(i)CCEGとは?その拠点は?

市民権センターエンタープライズとガバナンス(CCEG)は、英国を拠点とする完全に登録された非営利法人(登録番号:09796798)です。CCEGはアメリカ合衆国、ニューヨークにあるフォーダム大学、そして上海に研究パートナーを持ち、国際的に活動しています。2013年に始動し、2015年9月に正式に法人化されました。同法人に関する詳細は、英国の公文書から閲覧できます。CCEGは政府および民間セクターと協業し、バチカンプレスからは「世界で最も急速にアドプションされている社会的影響分析のメトリック基準である」と称賛されています。

(ii)この資金調達団体は、市場の他の団体と何が違うか?

これは、英国の規制枠組みに準拠して発行される初めてのエテリアムトークン配分であり、 初めて、マスアドプションされているブロックチェーン上に金銭的価値と非金銭的価値の両方が記録および取引されることになります。

(iii)資金調達の最大額は?

資金調達者が受理する貢献金額の上限は、意図的に設定していません。これは主に、できるだけアドプションを広げて参加者を増やし、初めて参加する人にコンセプトについて時間をかけて紹介するためです。尚、500万英国ポンド以上の資金は、セラートアルトコインを介して「持続可能な開発目標プロジェクト」を支援するためにCCEGの財団法人に割り当てられます。

(iv)セラートトークンはいつから交換できるか?

セラートトークンは2018年1月31日に発行され、すぐに交換が可能です。

(v)なぜCCEGはエテリアムを選んだか?

エテリアムはビットコインに次いでとても良く開発されたインフラストラクチャーで、市場において大変広くアドプションされています。CCEGでは、エテリアムを使用することでプラットフォームがより広く、より簡単にアドプションされ、価値ある暗号通貨の成長を促進および急速化させることができると考えます。将来的には、エテリアムの改良型として全く別のブロックチェーンプラットフォームを構築することも考慮するかもしれません。

(vi)セラートトークンを交換するためにはSEスコアが必要か?

MicroshareやSEスコアの使用は、取引の双方にとって完全に任意です。ただし、取引によっては一定のスコアを達成していることが条件になることもあります。それは、価値を一致させるために双方に利用可能なオプションです。また、セラートトークンはMicroshareのコンポーネントを使用せずに取引することができます。

連絡先

Warning: Make contributions only using our official secured site https://seratio-coins.world check the URL carefully - ICO contributions will not be offered or accepted via slack, email or any other method.